​Airbnb民泊、宿泊施設のイメージ撮影

現在予約をする前には必ずホームページの写真やウェブ(Airbnb、booking.comやTripAdviserなど)でのレビューを確認する時代となっています。お客様は何を見てあなたの宿泊先の予約を決定するか、いくつか重要な要素がありますが、第一印象となるのは、ネット上で閲覧出来る宿泊先のイメージです。お客様へ与える印象として、この「最初のつかみ」にインパクトや品質を伝えることが出来なければ、きっと多くの潜在的なお客様を逃してしまうことでしょう。

ウェブサイト訪問者に「夢を見せる」ための演出には美しいイメージが欠かせません。海外の宿泊施設、または有数のラグジュアリーホテルなどでは、イメージが最初に与える印象がいかに大事かを理解しています。その様な美しいイメージが溢れている環境で目の肥えたインバウンドのお客様に対して魅力が伝えられない写真であれば注目度が落ちることはご想像頂けると思います。

 

海外レベルの美しいイメージが掲載できれば、リスティング上の宿泊施設の中で目立つことが出来、いち早くクリックに繋げることが出来ます。そしてあなたの宿泊施設へのクリック数を増加させると同時に予約数を上げることが可能です。

 

一例ですが、撮影構図とレタッチのサンプルを下にご紹介します。

​リスティング撮影&編集
撮影時には目線を低く狭い空間でも広く見える様なアングルを設定しました。コンセントやテレビケーブルを極力視界に入らない様テレビの裏に隠しました。レタッチ時には窓から柔らかい光が入ってドラマを感じる様な空気感を演出、壁の空気孔や不要と判断したティッシュボックスを除去し、シーツのシワを取り除きました。最後にソファーの質感を強調しテレビの反射を抑えてシンプル&モダンなイメージに。
​1棟貸し撮影&編集
撮影時には全体のバランスが整うようにテレビ、ソファーの位置を変更し、奥のテーブルや目隠しの位置も調整しました。丸テーブルと座椅子の位置取りをして影が中央に向かって流れるように視線を演出。レタッチ時には窓の外の竹の垣根を強調し、各オブジェの質感を引き出し、壁やフロアへの光の当たり具合も作り込みました。最後に全体のホワイトバランスを敢えて変えてより高級感のある雰囲気に仕上げました。
​ホテルの撮影&編集
撮影時にはプールサイドと建物の奥域が出るような角度を心掛けました。レタッチ時には全体の明るさのバランスを引き上げ、各オブジェの質感を高め、無駄な影やテレビの反射を取り除きました。そして窓の外の景色がイメージの魅力を十分に引き出すように調整、ホテルイメージのキモとなるベッドシーツとベッドカバーのシワを取り除いて完成させました。
物件外観撮影&編集
家全体が見えるよう斜め角度からの撮影、正面に陽が当たる時間を選び立体感を演出しました。レタッチでは被写体を魅せる上で不必要なものと判断し、まず後ろに見える高圧電線と手前の電信柱を取り除く作業から始めました。地面や建物の壁に残った電信柱の影も取り除いた後、だいぶ見栄えが良くスッキリとしたイメージになりました。またガラスの映り込みにリアル感を出し、空の青色も強調して最終調整としました。
インテリア撮影&編集
撮影時には目線がダイニングからキッチンに向かうように、奥まで続く流れを意識して構図を設定しました。レタッチ時には新築の雰囲気を各オブジェから引き出すように光を注いでディテールを強調しています。難しいホワイトバランスの設定も清潔感と言う撮影時のテーマを演出するように仕上げました。
上記以外のイメージは各ポートフォリオのページにご確認ください。
料金について
撮影料金は20,000円から、部屋の大きさに、ベッド数よって異なります。
 

1部屋、または20-30平米ぐらい - 撮影枚数 約12-20枚 =  20,000円

2部屋、または30〜50平米ぐらい - 撮影枚数 約15-25枚 = 30,000円

3部屋、または50平米以上 - 撮影枚数 約20-30枚 = 35,000円
 

撮影例として、メイン用イメージ1枚、ベッドルーム3枚、キッチン、バスルーム、トイレ、外観、庭、玄関等を各1枚ずつ、象徴的なオブジェ/アイテムを2-3枚が目安となります。
 
全てAirbnb風のレタッチ込みの価格です。

より集客率、利益率が上がるディープレタッチをご希望の場合はオプションとなります。
※ディープレタッチとは、Adobe Photoshopを使用した最新技術を駆使したハイエンドレタッチのことです。不要なオブジェの除去だけでなく、光を与え、空気感や雰囲気を細部に渡って演出します。

 

イメージについて

Airbnbなどが提供する民泊撮影サービスではダイナミックレンジを活かした撮影が出来ずハイライトを飛ばしてイメージを撮影します。また解像度の低い画像(長辺1400ピクセル程度、72DPI)が提供されるためページ上でコピー使用が出来ません。

私のイメージはフルサイズでの提供(長辺7000ピクセル前後〜、300DPI)となりますので、どのモニターにも解像度高く表示出来るだけでなく、必要であればA3大のプリント以上にも対応します。
解像度の高いイメージを持っていれば、Airbnbの掲載以外にもbooking.comやhotels.comなどの他の予約サイトにも利用出来るため価値が高いです。

わたしのイメージ製作では、撮影時に人の心理に基づいた、感情を揺るがすための目線の誘導をレイアウトで演出し、ディープレタッチを使ってイメージを魅了させる上で写真の中で不必要なものやシワやごみ取りを入念に行い、最後に光の調整をダイナミックに世界レベルの編集技術で作成していきます。

もし「現在の宿泊価格を変更し、売り上げ単価を上げる」ことを検討されているのであれば、高品質なイメージを掲載させる事で訪問者により良いイメージを与えるため、予約率を下げることなく単価を上げることも可能です。※現在設定している価格の10%-20%の引き上げが目安となります。

 

また将来的に見てイメージ撮影に先行投資をすることで、ページビューと売上が増加するだけでなく、独自のウェブサイトを立上げ時に高品質なイメージを利用することが出来ます。今後より良いサービスを提供するには何が必要か、または今後の売り上げ展開へのブランド戦略を立てやすくなります。

わたしについて

民泊の新規立上げのイメージ戦略から、現状の宿泊施設の売り上げアップに対して皆さまのお手伝いをしております。わたし自身も国内外の不動産物件、ラグジュアリーホテルや民泊施設の撮影して売り上げるためのイメージ作品作りに貢献しているだけでなく、旅行者として様々なタイプのホテル、施設に宿泊した多くの経験から宿泊者目線での意見もお伝え出来るためコンサルタントをすることも可能です。

各種ご相談に対応させて頂きます。詳しくはAboutページ内下部のContactよりご連絡ください。

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Pinterestの - ホワイト丸

© 2020 by  cyda photography